ホーム > SOMNIOについて > ソムニオの頭脳

SOMNIOについて

title_brains_h3

ソムニオの頭脳Somnioはランナーのためにランナーが作ったシューズ。ボルダー・スポーツ医学センター(BCSM)が設計し、磨きをかけています。Somnioの創立者ショーン・サリバンは長年にわたり屋外運動競技やサイクリングの分野で、スペシャライズドバイシクル、ノースフェイス、パールイズミ等の企業が行う、快適性と性能を向上させる医療に基づいた革新的な製品の開発にたずさわっておりました。

2006年に自身のランニングによるケガをなんとかしようと、サリバンはランニングのバイオメカニクス(生体力学)の権威であるボルダー・スポーツ医学センター(BCSM)のエキスパート陣に助けを求めました。こうしてBCSMの専門家チームと作業を進める中で、アイデアがひらめき、コンセプトをナプキンの裏にスケッチしたときに、Somnioが生まれたのです。

BCSMのエキスパート陣は、アスリートがケガを乗り越え、予防し、トレーニングを改善する指導者として広く知られていたので、サリバンはBCSMとタッグを組むことにしました。BCSMの創立者Dr.アンディ・プルーイットは、一流の持久力系アスリート達の指導で国際的に知られたトレーナーです。プルーイットはサリバンと協力して、BCSMの最先端バイオメカニクス(生体力学)研究所でパーフェクト・フィットシステムを開発しました。BCSMの著名な運動生理学者で、理学療法士でもあり、ランニング・ゲイト(足取り)のエキスパートでもあるティム・ヒルデンも、Somnioの設計に関わっています。

ヒルデンは10年の歳月をかけて、ゲイト・メカニクス(足取りの力学)を分析、修正、改善するためのシステムを完成させました。Somnioの戦略は、これら2つの考え方、つまりカスタマイズ可能なシューズとゲイト・メカニクス(足取りの力学)の改善を組み合わせることにより、シューズの販売方法やお客様の対応の仕方を変えることにあります。お客様には、長年のひたむきな研究とスポーツ界の先端知識がお客様の一歩一歩を支えることを理解し、自信を持ってSomnioのシューズを履いていただけるのです。

OK,YOU HAVE ISSUES